• HOME
  • 振り袖一覧
  • 各種プランお客様の声
  • 店舗案内
  • 会社概要
  • ご来店予約
  • お問い合わせ
  • HOME >
  • 佐沼屋ブログ
振袖選びの真実をお伝えします③
  

振袖選びの真実、パート③をお伝えします。

前回はフォトスタジオのことに触れましたが、今回もこのフォトスタジオについてお伝えいたします。

振袖は成人式の前に、一生の想い出に残すアルバム作成のための前撮り撮影があります。ある意味、この前撮り撮影の時が振袖をはじめて着る時にもなります。

あまりピンとこないかもしれませんが、このアルバムはとても大切なものです。

後で振り返った時に、お嬢さんの二十歳を鮮明に残されたものですので、ご家族様においても大事なものになるわけです。

先日、10数年ぶりにご来店されたお客様がいらっしゃいました。このお客様はお嬢さんの振袖を佐沼屋にご用命いただいた方なのですが、すでにお嫁入りされたお嬢さんを懐かしみ、成人式のアルバムを久しぶりにご覧になられたとのことです。

お嬢さんは九州へお嫁入りされたとのことで、中々お会いできず、会えるのは年2回ほど。連絡はLINEや電話でのやり取りが主になられているようですので、お気持ちは察しますね。

そのアルバムをご覧になられ、そのお客様は思わず頬を濡らされたとのことです。お嬢さんが二十歳の時はあまり身体が丈夫でなく、お嫁に行けるのか・・・心配の日々だったようです。それが今ではそのお客様以上に身体も大きくなられたようでして(笑)、いたってご健康とのこと。こんなお話を聞けるのも、皆さんの成人式や振袖のお手伝いをさせて頂いているからです。

このアルバムが後々、想い出と同時に、当時のことに想いをはせることができる魔法なのです。

このアルバムに佐沼屋は命をかけているといってもいいくらい、スタジオスタッフは毎日ぴりぴりしながらも、お客様の想い出作りができることにやりがいを感じながらやっています。

そのアルバムに掲載されているお写真がイマイチだったら・・・嫌ですよね。

だから、佐沼屋のカメラマンは厳しいです。簡単にカメラマンにはなれません。かなりの修行を重ねてもらいます。当店のカメラマンはすべて女性ですが、あえて女性にしております。理由は、感情移入ができるのは女性だから・・・。

男性に無いわけではないのですが、こと成人式のお写真については女性カメラマンの方がいいものを撮れます。

撮影技術は当然、そこに感性が求められるわけですが、そのためにはこの感情移入が大事なのです。当店カメラマンがぴりぴりしているのは、この感情移入が本当にできているのか?毎年数百名のお嬢さんの前撮りを行っていますが、そのお一人お一人のお嬢さんすべてに思いを馳せられているか・・・お一人お一人に全エネルギーをかけます。

だから、当店のカメラマンは一日の撮影が終わると精根尽き果てたような表情をしています(苦笑)。しかし、どこか充実感のある顔をしている・・・そんな時はいい撮影が出来たと思って見ています。

少し当店のお話になってしまいましたが、ここでお伝えしたいのは、お店を選ぶ時は、フォトスタジオがあるお店ということだけでなく、そこのカメラマンの撮影技術はどうなのか?そこを見てほしいのです。

判断の基準は、そのお店のHPを見ること。そこに前撮り時の写真が掲載されていれば、とりあえずOK。そしてそのお写真がとても素敵に撮られていたら、オススメのお店・フォトスタジオということになります。

このフォトスタジオのお話はもう少し続きます。後日お楽しみにしていてください。
2016.10.11 09:34
振袖選びの真実をお伝えします②
   

少し日が空いてしまいましたが、振袖選びの真実その2をお伝えして参りたいと存じます。

前回は振袖の品揃えが多いお店であれば後悔することはないことをお伝えしました。その時に伝え忘れたことなのですが、振袖の品揃えだけでなく、半襟や帯揚げ・帯締め、そして草履バッグなどの和装小物の品揃えがしっかりしているところがいいです。

振袖の品揃えは少なく、小物は多いというお店はまずありませんので、ある意味、小物の品揃えが充実しており、オシャレなものが揃っていれば、間違いないといえます。

なぜなら、振袖のオシャレに小物は欠かせなく、小物のオシャレ度により振袖は見た目がまったく違ってきてしまうのです。

参考までになのですが、佐沼屋は半襟の品揃えにはとてもうるさいです!日本一うるさい!?と言ってもいいぐらい、半襟の仕入れにはかなり気を遣います。なぜなら、お嬢さんのお顔にもっとも近い小物だからです。

この半襟が少ないと、コーディネートはいい加減になります。

これは長年着物屋をやってきて、他のお店も見てきて思うことであり、確信をもっていえます。

だから、佐沼屋は半襟だけでも300点以上、帯揚げや帯締めにいたっては500点以上、常に揃えています。毎年数百名のお嬢さんの振袖選びをしていると、もう少し欲しいくらいなのですが、残念ながら小物を作っているメーカーさんの方が佐沼屋のペースに追いつかないので、これが限度なのです。

お話を元に戻しますと、お店を選ぶ際には、この小物が充実しているか?またオシャレなものが揃っているか?という視点で見てみてください。

ようやく、本題です。おまたせしました(笑)。今回のテーマであるフォトスタジオです。

佐沼屋にフォトスタジオがあるから言うのではないのですが、振袖を選ぶ時は、品揃え+フォトスタジオがあるお店で決めるべきです。理由は、前撮りのクォリティや満足度が違うためです。

フォトスタジオが無い場合、どんなデメリットがあるかというと、前撮り撮影が大勢の中で行われるのです。

お友達と会えるので楽しそうなのですが、実は大変な一日で終わってしまい、とても満足できる撮影会にはなりにくいのです。

ヘアセットやメイクアップ、そして着付けを済ませた後、撮影となりますが、このすべてのステップでとにかく「待ち時間が長い!」という事態がまっています。

毎年お聞きするお声なのですが、大勢の中での撮影会は、お店の人だけでなく、撮影するカメラマンまで焦りを感じながらこなしているので、これではいい撮影ができるわけがありません。ヘアメイクの美容師も一緒です。

フォトスタジオがあるお店であれば、年間通じて撮影ができるため、佐沼屋の例でいえば、お一人様につきスタジオ貸切で3時間ほどのお時間をしっかりとって対応します。

お陰様でお客様からは大変お喜びをいただいているのですが、アルバムは一生残る大切なものなので、このくらいのサービスは当たり前と考えています。

今回はも長くなってしまいましたが、次回もこのフォトスタジオについてもう少し述べて、次のテーマへ入っていきますね。

今回もおつきあいいただき、有難うございました。
2016.10.04 00:57
振袖選びの真実をお伝えします。①
  

リニューアル前のホームページから今まで、このブログにて振袖と成人式にまつわる様々な情報をお伝えして参りましたが、今回は今まで以上に核心にせまった内容・・・といいますか真実をお伝えしていきたいと思います。今回お伝えするポイントは多くありません。以下の2点のみです。

1.振袖の品揃えが多いお店(最低でも700枚以上)

2.フォトスタジオを運営している着物専門店

以上の2点の条件が揃っている着物専門店で振袖を選べば、まず後悔することはないはずです。これは、佐沼屋が全国最大の振袖グループ「日本きものシステム協同組合」に所属しているから言えることなのです。

このグループは全国で110店舗ほど加盟していますので、佐沼屋は他の着物屋の状況などを見ていて、どういうお店だったらお客様は後悔のない振袖選びができるのだろうか・・・自分のお店も見ながら考えて参りました。

そして、上記の2つが揃っているお店であれば、まず間違いのない振袖選びができると確信に至ったのです。

まず、1の振袖枚数が多いお店ということですが、枚数の多いお店はそれだけ実績があるお店ということです。今まで数多くの成人式のお嬢様のお世話をしてきているということは、それだけ経験値が高いのです。経験値が高ければ高いほど、様々なお嬢様に合わせた提案とフォローができます。

たくさんのお嬢様のお世話をしていると、多いだけに雑になるのでは・・・そんな懸念があるかもしれませんが、それは否定はしません。事実、佐沼屋でも振袖のお客様が急増した時に(かなり前ですが・・・)、少しご迷惑をおかけした時がありました。

しかし、ここが大事なポイントなのですが、経験値の少ないお店のサービスレベルと、経験値の多いお店のサービスレベルを考えた時に、ここは絶対に経験値のあるお店のサービスレベルの方が高いと断言できます。多少の問題点があったとしてもです。

また、振袖の枚数が多いということは、それだけ仕入れをしているということでもあり、問屋さんや振袖メーカー各社から優先的に最新の振袖を提供いただけ、なおかつ安く仕入れ出来ているので、結果多彩な振袖が揃うこと、そして価格もリーズナブルになるのです。ここも重要なポイントですので、ぜひお忘れなく。

2のフォトスタジオにつきましては、明日お伝えしますので、引き続きご覧になってくださいね。
2016.09.28 13:55
佐沼屋のプレミアム振袖が大好評!
  

おかげ様で佐沼屋のプレミアム振袖が大好評です。

プレミアム振袖とは、佐沼屋が京都の一流友禅作家や工房に特別に制作依頼をし、佐沼屋オリジナルの振袖としてお作りいただいたものです。

生地選びからデザイン・紋様、そして一流の染織職人だけが手がける逸品の振袖となります。

かなりこだわりぬいて作った振袖ですので、決してお安くはないのですが、同品質の振袖を他店様が販売される価格よりは、かなりリーズナブルな価格にて設定をしております。恐らく市場価格より30%ほどはお安くできていると思います。

今年の春より、このプレミアム振袖だけを掲載したパンフレットをお送りしておりますが、このプレミアム振袖目的にご来店をされたお客様に必ず言っていただけることが、パンフレットで見たよりもとても高級感がある!他とはまったく違う!とお褒めいただいています。

そして、そのわりにはリーズナブルであるともおっしゃっていただいています。

一つ一つの工芸技は困難なものが多いですので、一つの振袖が出来上がるまでにかなりの時間を要し、年間でも数枚程度でしか作ることはできないのですが、なるべく佐沼屋に優先しておさめていただけるよう、作家さんや工房さんにはお願いをしております。先日も新たに3枚のプレミアム振袖が出来上り、まだ写真撮影ができていないため、ここでお見せすることはできないのですが、ご興味のある方はぜひ佐沼屋へお越しください。
2016.09.25 15:25
福原愛さんの振袖
  
※藤娘きぬたや様のHPより引用 http://kinutaya.co.jp/index.html

今、福原愛さんのご結婚のことがテレビ・雑誌でも話題になっていますね。とてもお似合いだったと思います。着物と帯、そして和装小物までコーディネートが素晴らしかったですし、着付けもバッチリでした!

さて、福原愛さんがお召になられていた振袖ですが、昨日もお伝えしましたとおり、藤娘きぬたやというメーカーさんの振袖です。藤娘きぬたやさんは絞りのメーカー(工房)としてはトップブランドでして、着物通の方の中では知らない人がいないほど有名なメーカーさんです。

絞りそのものはご存知と思いますが、この絞りの技術を着物の生地にくまなく施していく様は、まさに神業なのです。一つ一つの絞りを手でくくっていくわけですが、一つの振袖が出来上がるまでに気が遠くなるほどの年月を要します。

藤娘きぬたやさんのHPにも書かれていますが、「誰も創ることができない絞り・誰も創ろうとしない絞り」をコンセプトに作られているのですが、この絞りに藤娘五色といわれる染色を施していることにより、藤娘きぬたやとしての至高の世界感を出されています。

この藤娘きぬたやさんの振袖につきましては、またこのブログの中でお伝えしたいと思います。が出来ない絞り・誰も創ろうとしない絞り』をコンセプトに美の限界に挑戦し、究極の絞りを追及し続けています。
2016.09.24 11:47

- Sanumaya -